「世界の祭典が熊本でも」 スタジアムは大興奮 ラグビーW杯・フランス対トンガ戦 多くの外国人も熱狂 写真まとめ

「世界の祭典が熊本でも」 スタジアムは大興奮 ラグビーW杯・フランス対トンガ戦 多くの外国人も熱狂 写真まとめ

世界最高峰の戦いが、熊本でも開幕!

ラグビー・ワールドカップ(W 杯)日本大会の1次リーグ・フランス対トンガ戦が2019年10月6日、熊本市東区のえがお健康スタジアム(県民総合運動公園陸上競技場)で行われ、2万8477人の観客が、両チームの大接戦に歓声を上げました。

ラグビーW杯は、夏季オリンピック、サッカーW杯と並ぶ「世界のスポーツ祭典」とされています。

会場には、県民に加え、フランスやトンガのユニホームや国旗を身にまとったりした推定約6千人の外国人が来場。これまで熊本で開催された、さまざまなスポーツイベントと比べても際だって国際色豊かで、華やかな雰囲気に包まれました。

大勢の観客は、世界トップレベルの大会にふさわしい激しい肉弾戦や華麗なパス回しに感嘆。ノーサイドの笛が鳴った後は、最後まで力のこもったプレーを披露した両チームのフィフティーンに惜しみない拍手が送られました。

「クロスくまもと」では、熊本日日新聞掲載の記事と未掲載の写真などで、熱狂ぶりを振り返ります。撮影は、熊本日日新聞社写真映像部の小野宏明、池田祐介、上杉勇太、社会部の太路秀紀の各記者です。

※情報は、2019年10月6日時点です。

2019年10月7日付

熊本で開催されたラグビーW杯・フランス対トンガ戦に、多くの観客が詰め掛けたことを報じた2019年10月7日付掲載の熊本日日新聞1面

コスプレ、パフォーマンス…試合開始前から大盛り上がり

大勢のファン

フランス対トンガ戦が開催される、えがお健康スタジアムの開場を待つ大勢のファン

フランス人サポーター

自国のユニホームを着て、会場近くの広場でリフティングをするなど盛り上がるフランス人サポーター

トンガ人サポーター

チームへのメッセージを背中にペイントしたトンガのサポーターも

フランス人カップル

自国の国旗を掲げて、試合を待つフランス人カップル

トンガ人サポーター

試合前、笑顔で写真に収まるトンガ人サポーター

フランス人カップル

顔や腕に国旗のデザインのペインティングをして、キックオフを待つフランス人カップル

くまモン

ラグビージャージを着て、キックオフ前に会場を盛り上げる「くまモン」

シピタウ

フランスとの試合前、伝統の踊り「シピタウ」を披露するトンガ代表

見ごたえ十分 激しい攻防に大声援

フランス対トンガ戦

2万8千人以上の観客で埋め尽くされたラグビーW杯フランス対トンガ戦

フランスのバカタワがトライ

前半5分、フランスのバカタワがトライ。ゴールキックも決まり、10-0とする

フランスのシャ

前半、ボールを死守しながらトンガの守備を突破するフランスのシャ(中央)

フランス人サポーター

ビール片手に熱心に試合を応援するフランス人サポーター。「くまモン」のタオルを持った人の姿も

トンガのヒンガノ

後半6分、トライを決めるトンガのヒンガノ(左)。ゴールキックも決まり、14-17とする

サポーター

トンガの国旗を持って応援するサポーターたち

トンガのカペリ

後半38分、トンガのカペリがトライ。ゴールキックも決まり、21-23と迫る

後半38分、トンガが4点差

後半38分、トンガが4点差に迫るトライを決め、拍手を送る観客席

外国人

肩を組んで、フランスとトンガを隣同士で応援する外国人

花畑広場のファンゾーン

花畑広場のファンゾーンで、日本人に交じってフランス対トンガ戦を観戦する外国人たち

ノーサイド 両チームに惜しみない拍手

ノーサイド

ノーサイドとなり、抱き合ってたたえ合うフランスとトンガの選手たちに、観客席から大きな拍手が送られた

フランス代表

トンガに23-21で勝利し、観客からの祝福に笑顔で応じるフランス代表

フランス代表

フランス代表の勝利に沸く外国人ら

外国人たち

試合終了後、スタジアムの外で盛り上がる外国人たち

世界トップレベル、しかも最後まで競り合った好ゲームを堪能した観客たちは、興奮冷めやらぬ様子で帰路につきました。

熊本では10月13日にも同スタジアムで1次リーグD組のウェールズ対ウルグアイ戦(午後5時15分開始)があります。次も大いなる盛り上がりを期待しましょう!

CATEGORIES
TAGS