漁村に響く聖歌と祈り 世界文化遺産の天草・﨑津集落 16年ぶり「聖体行列」

漁村に響く聖歌と祈り 世界文化遺産の天草・﨑津集落 16年ぶり「聖体行列」

静かな漁村に響きわたる聖歌と祈り-。熊本県天草市河浦町の世界文化遺産・﨑津集落で2019年10月27日、キリスト教伝来450年を祝う祭事が行われ、カトリック信者がキリスト教の聖体を運ぶ「聖体行列」がありました。

聖体行列は2003年に漁船団が聖体を運んだ「海上聖体行列」以来16年ぶり。今回は﨑津集落を練り歩き、潜伏キリシタンゆかりの地は厳かな祈りの風景に包まれました。

今回の聖体行列と過去の海上聖体行列を、熊日朝刊に掲載した写真や未掲載写真などで紹介します。(10月27日の写真は熊日写真映像部の小野宏明、後藤仁孝記者が撮影しました)

﨑津集落で16年ぶりに復活した「聖体行列」を伝える熊本日日新聞2019年10月28日付朝刊1面の記事

聖体行列とは

聖体行列は、復活祭から数えて10週目の「キリストの聖体の祝日」に合わせて行われるカトリックの行事の一つです。本来は5~6月の祭礼で、かつては各地の教会で行われていましたが、最近ではあまり見られなくなりました。キリスト教の節目の年に合わせて、信者が参加しやすい季節に行われることが多いといいます。

キリスト教伝来450年を記念

ポルトガルの修道士ルイス・デ・アルメイダは1566年に天草で布教を開始。その3年後に河内浦(現在の河浦町)でも布教を始めており、今年が450年の節目です。祭事は本渡、﨑津、大江の3カトリック教会が開きました。

集落内の﨑津教会で記念のミサを終え、金色に輝く顕示台(聖体を納めた容器)を掲げた行列が同教会を出発。

顕示台を掲げて、﨑津教会を出発する福岡コレジオ院長の森山信三神父=10月27日

 

旧聖母訪問会修道院下の広場で祈りを捧げる司祭や信者ら

行列は天草地域や全国各地のカトリック信者、一般参加の観光客など約150人。司祭を目指す大学生が共同生活を営む「福岡コレジオ」の学生らも、マリア像を担いで練り歩きました。

﨑津諏訪神社の鳥居を背景に進む聖体行列の聖母マリア像

花が咲く﨑津集落で民家の軒先を歩く、聖母マリア像を担いだ聖体行列

﨑津漁港で賛美の式 海に響く聖歌

﨑津漁港では聖体を賛美する式があり、司祭や信者らが祈りを捧げ、聖歌が響きわたりました。

海を望む﨑津漁港で行われた賛美の式で、祈りを捧げる司祭や信者ら

 

十字架を先頭に、集落を回りながら﨑津教会へ戻る聖体行列

 

海が見える﨑津集落を進む聖体行列の聖母マリア像

﨑津漁港や教会では、保育園児がバラやランなど色とりどりの花びらをまき、行列を出迎えました。

﨑津教会で聖体行列を出迎え、花びらをまく保育園児

この日は﨑津教会での記念コンサートや講演会、神道と仏教、キリスト教の関係者による宗教を超えた対話などの催しがあり、普段静かな漁村はにぎやかな声に包まれました。

「海上聖体行列」大漁旗掲げ漁船行進

羊角湾にたたずむ漁村の﨑津集落では1966年と69年、2003年に大漁旗を掲げた漁船が聖体を運ぶ「海上聖体行列」が行われました。

大江~﨑津間で2003年6月1日にあった「海上聖体行列」の模様を紹介した、同年6月6日付の熊本日日新聞朝刊

殉教の島・天草に響く漁師の聖歌―。天草郡天草町と河浦町で1日あった「天草キリシタン復活130年・海上聖体大会」(同大会実行委員会主催)で、天草のカトリック信徒が漁船で聖体を運ぶ「海上聖体行列」が34年ぶりに復活。敬けんな信徒の祈りの声や聖歌が響き、漁師の心意気を示す大漁旗が天草灘を彩った。

同行列は1969年を最後に途絶えていた。ハイライトの海上行列は、同町の大江漁港から大漁旗で飾った漁船20隻が波穏やかな天草灘を一列に行進。聖体を乗せた御座船はひときわ多くの大漁旗やのぼりで飾られ、聖歌が紺ぺきの海に響き渡った。

崎津天主堂を望む港に入った行列は、港入り口に立てられたマリア像に祈りを捧げ、天主堂の前を一周。岸壁は祈りを捧げる信徒でにぎわった。(一部省略)

2003年6月6日付熊本日日新聞朝刊より

九州各地から集まった信者ら約400人が、同市天草町大江の大江教会を出発。

大江教会(右上)を出発し、大江漁港へ向かう聖体行列=2003年6月1日

大江漁港から﨑津漁港まで、約20隻の漁船が聖体と司祭、信者らを載せて一列に後進しました。

﨑津教会へ向け、海上を進む聖体を乗せた漁船=2003年6月1日

下の写真は「キリシタン文化400年祭」を記念して1969年4月27日に行われた海上聖体行列を紹介した翌日の熊本日日朝刊朝刊の記事です。

﨑津集落は2018年7月、国連教育科学文化機関(ユネスコ)が、江戸時代以降のキリスト教禁制と独自信仰の歴史を伝える「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成遺産の一つとして、世界文化遺産に登録しました。

ふだんの﨑津集落は静かなたたずまいの漁村ですが、世界文化遺産登録を機に観光客も増えています。一度「祈りの集落」を訪ねてはいかがですか。

﨑津集落、﨑津教会に関する問い合わせは

﨑津集落ガイダンスセンター

﨑津集落の歴史、文化への理解を深める観光案内所。駐車場、トイレ、レンタサイクル(有料)、車いす貸し出し(無料)、展望所あり。同センター TEL0969(78)6000。

天草宝島観光協会 TEL0969(22)2243。

お断り】熊日では世界遺産登録に向けた動きが始まったことを踏まえ、2008年から順次、新聞紙面の表記を正式な「﨑津」に変えていますが、それ以前の記事では「崎津」を使用しています。

CATEGORIES
TAGS