鬼気迫る! 4強の誇り懸けた戦い パークドーム熱狂 世界女子ハンド熊本大会 準決勝・決勝写真まとめ

鬼気迫る! 4強の誇り懸けた戦い パークドーム熱狂 世界女子ハンド熊本大会 準決勝・決勝写真まとめ

24カ国が熊本に集い、世界一の座を争った第24回女子ハンドボール世界選手権(2019年11月30日~12月15日)は、オランダの初優勝で幕を下ろしました。

金メダルを手に喜びを爆発させるオランダの選手たち

女子ハンドボール世界選手権で優勝し、金メダルを手に喜びを爆発させるオランダの選手たち=2019年12月15日、熊本市のパークドーム熊本

大会期間中の観戦者は、目標だった30万人を上回る31万5748人。観客たちは世界トップレベルの真剣勝負と日本代表「おりひめジャパン」の活躍に大きな拍手を送りました。

オランダ-スペインの決勝戦に詰め掛けた多くの観客

クライマックスとなったのが、1次リーグ、2次リーグを突破した4強のオランダ、ロシア、スペイン、ノルウェーがパークドーム熊本(熊本市)で激突した準決勝(13日)、3位決定戦、決勝戦(いずれも15日)。選手たちが闘志を前面に出した一進一退の攻防に、会場のボルテージは最高潮に達しました。来年夏の東京オリンピックでも火花を散らす可能性がある強豪4チームの珠玉のプレー写真をお楽しみください。

※情報は2019年12月17日時点です。撮影は熊日写真映像部の高見伸、小野宏明、後藤仁孝、池田祐介、上杉勇太の各記者です。

【準決勝 オランダ33―32ロシア】 ラスト19秒、ヘイデンが決勝点

オランダは、4強の中で最高を誇る得点力を発揮し、今大会全勝のロシアとの激しい競り合いを制しました。オランダは、エスタファナ・ポルマンのロングシュートなどで先行。ロシアも攻撃の要で、この日11得点と気を吐いたアンナ・ヴャヒレワの得点などで反撃し、16-16で前半を終えました。後半は一進一退の展開が続き、32-32の残り19秒、オランダのラウラ・ファン・デル・ヘイデンがシュートを決めて劇的な勝利を収めました。

前半、シュートを決めるオランダのファン・デル・ヘイデン。後半残り19秒では「狭いけど使えるスペース」を逃さず切り込み、決勝のゴールを決めた

後半、シュートを放つロシアのヴャヒレワ。大会を通じて攻撃面で突出した才能を披露。アシスト数62は断トツの首位で、ベスト7にも選ばれた

後半、シュートを決めるオランダのポルマン。チームの攻撃の柱として勝利に貢献した

後半、シュートをブロックしようとするロシアのセン

後半、相手選手に倒され、にらみつけるロシアのボブロヴニコワ

【準決勝 スペイン28―22ノルウェー】 スペイン、守備で圧力 初の決勝進出

次回大会の開催国のスペインは、過去3度優勝のノルウェーを後半中盤に突き放し、同国史上初の決勝進出を果たしました。スペインは前半19分までにアレクサンドリナ・カブラル・バルボサのカットインなどで4連続ゴール。その後、ノルウェーも3連続得点するなどして13-13で折り返しました。後半はスペインがアルムデナ・ロドリゲス・ロドリゲスのミドルシュートなど3度の3連続得点で引き離しました。スペインは守備で圧力をかけ続け、大会屈指の攻撃力を誇るノルウェーを22点に抑えました。

前半、守備を突破してシュートを放つスペインのロドリゲス・ロドリゲス

前半、シュートを決めるノルウェーのオフテダル。大会通じて得点ランキングで7位、アシストランキングで3位に入るなど攻撃の柱としてチームをけん引した

前半、飛び込みながらシュートを放つスペインのフェルナンデス・フラガ

前半、シュートを放つノルウェーのスコグラン

自国の得点に立ち上がってガッツポーズするノルウェーの大応援団

【3位決定戦 ロシア33―28ノルウェー】 ロシア、リオ五輪女王の地力見せる

リオデジャネイロ五輪女王のロシアが地力を見せつけ、前回準優勝のノルウェーとの3位決定戦を制しました。ロシアは序盤にノルウェーの堅守に苦しめられましたが、エースのアンナ・ヴャヒレワの得点を皮切りに5連続得点で逆転に成功。前半を18-15とリードして折り返すと、後半はパスカットや相手のミスからゴールを重ねて相手を突き放しました。ロシアの世界選手権のメダル獲得は、優勝した2009年以来5大会ぶりでした。

前半、シュートを放つロシアのフロロワ

前半、ディフェンスをかわしてシュートを決めるノルウェーのトマック

後半、ロシアの猛攻を防ぐノルウェー守備陣

前半、シュートを放つロシアのボブロヴニコワ

ノルウェーに勝利し3位となり、大喜びするロシアの選手たち

ロシアに負け、悔しそうな表情を浮かべるノルウェーの選手たち

【決勝 オランダ30―29スペイン】 残り6秒、7メートルスローで決着 オランダ初の栄冠 スペインは飛躍の準V

ともに初優勝を懸けたオランダとスペインの決勝は、女王を決める争いにふさわしい大接戦に。多彩な攻撃を繰り出したオランダが勝負強さを発揮し、追いすがるスペインに30-29で競り勝ちました。オランダは前半に高い位置から重圧をかけるスペインの守備を攻略すると、エースのロイス・アビンや司令塔のエスタファナ・ポルマンが着実に加点。前半は16―13でリードして折り返しました。後半は終盤スペインに同点にされましたが、29―29で迎えた試合終了まで残り6秒、相手反則で得た7メートルスローをアビンが沈めて劇的勝利を収めました。スペインは粘り強い守備とスピードを生かした攻撃で最終盤まで競り合いました。惜しくも優勝は逃したものの、前回の11位から準優勝と大きく飛躍しました。

前半、シュートを放つオランダのポルマン。司令塔として初優勝に大きく貢献した。得点ランク5位、アシストは4位で、大会MVPを獲得したほかベスト7にも選ばれた

前半、ロングシュートを放つスペインのカブラル・バルボサ。33歳のベテランは抜群の運動神経を武器に、エースとして躍動。得点は4位、アシストは8位にランクインし、ベスト7にも選出

ウエーブで盛り上がる決勝戦の観客たち

前半、サイド攻撃からシュートを決めるオランダのマレステイン

前半、倒れ込みながらシュートを放つスペインのフェルナンデス・フラガ

前半、シュートを止めガッツポーズするオランダのGKヴェスター。この試合再三のピンチを救い、終了間際にもビッグセーブを披露して勝利を呼び込んだ。ベスト7に選出

前半、迫力あるシュートでゴールを決めるオランダのスネルダー

前半、ディフェンスから押されながらもシュートを決めるスペインのゴンサレス・アルバレス

前半、ディフェンスするオランダのスネルダー(10)とクラマー(5)

前半、激しくマークされながらもシュートを決めるスペインのエルナンデス・セラドル

後半、試合終了間際、7メートルスローを決めて勝利を確信し、両手を挙げて喜ぶアビン。この試合7得点で、今大会の総得点を71点に伸ばし、得点女王に輝いた

CATEGORIES
TAGS