熊本県御船町出店のコストコ、2020年5月着工へ 周辺交差点2カ所は「環状交差点」に

熊本県御船町出店のコストコ、2020年5月着工へ 周辺交差点2カ所は「環状交差点」に

会員制大型ディスカウントストア「コストコ」の、熊本県御船町への出店計画に関するニュースが注目を集めています。「クロスくまもと」では、熊本日日新聞に掲載されたコストコに関する情報を随時、更新していきます。

※今回の情報は2020年1月17日時点です。

2021年4月開業予定 ガソリンスタンド併設、駐車場は775台分

地図

コストコホールセールジャパン(神奈川県川崎市)は、御船町に出店する「コストコホールセール熊本御船倉庫店(仮称)」について、2020年5月の着工を目指す計画を公表しました。開業予定は2021年4月です。

九州自動車道御船インターチェンジ東側の約5万6千平方メートルの敷地に、平屋の倉庫型店舗(面積1万平方メートル)を建設する計画。ガソリンスタンドを併設し、駐車場は775台分を想定しています。地元から250~450人を正社員やパートとして雇用します。

予定地は既に農業振興地域から除外され、農地転用に向けた手続きが進んでいます。コストコホールセールジャパンは2020年4月、大規模小売店舗立地法に基づき県に新設を届け出る予定です。2019年12月には、熊本県のガイドラインに基づく住民説明会を御船町カルチャーセンターで開き、開業までのスケジュールなどを説明しています。

「環状交差点」で渋滞抑制に期待?

コストコホールセールジャパンは2019年6月、御船町と立地協定を締結。御船町は周辺の町道整備などを進めており、コストコ北側の交差点2カ所は信号機のない「環状交差点」にするということです。

環状交差点は「ラウンドアバウト」とも呼ばれ、欧米では一般的。合図なしに左折進入でき、右回り(時計回り)で通行。出る場合は左ウインカーを出し、左折します。進入車より交差点内の車が優先です。

環状交差点

信号がないため、停電の心配がなく、災害にも強いとされています。出合い頭の事故を防げ、信号待ちがないことによる渋滞抑制効果もあるといいます。

熊本県内初の環状交差点は「アンビー熊本」に

環状交差点

大規模商業集積地「アンビー熊本」にある環状交差点(ラウンドアバウト)=2020年1月8日、合志市

2014年9月施行の改正道路交通法で通行ルールが定められた環状交差点。熊本県内で初めて整備されたのは合志市の大規模商業集積地「アンビー熊本」の敷地内です。

アンビーの環状交差点は4方向から進入でき、4方向へ出ることができます。設置は2018年3月末で、熊本県警が市や開発業者との協議の際、提案しました。

1日の交通量が1万台を超えると混雑する恐れがあるとされ、ケニアでは環状交差点が渋滞発生源になっているとして、撤廃が議論されたこともあります。

アンビー熊本管理事務所によると「4200台の駐車場に対し、平日は延べ7千台、土日は延べ1万台の車が駐車しているが、環状交差点での渋滞は発生していない」ということです。実際に近くを通ると、周辺の道路で渋滞することはありますが、環状交差点そのものに大きな混雑は起きていないようです。また同事務所は「環状交差点の開通以降、バイクの自損事故はあったが、車やバイクが衝突する事故は起きていないようだ」と話しています。

グーグルマップによるアンビー熊本上空からの航空写真

コストコの御船町への出店には、近隣の渋滞を懸念する声もありました。環状交差点が渋滞緩和に効果を発することを期待したいですね。

CATEGORIES
TAGS