温泉大好きな記者が「植木温泉」で旅館の若女将に挑戦! おもてなしの極意を学んでみた

温泉大好きな記者が「植木温泉」で旅館の若女将に挑戦! おもてなしの極意を学んでみた

旅館平山

若女将の平山愛さん(右)とともに、「旅館 平山」の玄関先の看板や照明器具の掃除をする志賀茉里耶記者=熊本市北区植木町

休日は癒やしを求めて県内各地の温泉巡りをする熊本日日新聞社都市圏部の志賀茉里耶記者(23)。旅館の女将(おかみ)たちの丁寧な接客にも癒やされているようです。「この笑顔の向こう側にはどんな仕事があるんだろう」。そんな思いから、熊本市の奥座敷と呼ばれる植木温泉(熊本市北区植木町)におもてなしの極意を学びに行きました。

※2020年1月14日付熊日夕刊掲載。文中の情報は掲載日時点のものです。

作務衣に着替えて拭き掃除と布団の準備

仲居の女性(手前)に手ほどきを受けながら、客室の敷布団にシーツを掛ける

1964(昭和39)年創業の「旅館 平山」。近くには合志川が流れ、のどかな田園風景が広がります。仕事を教えてくれるのは若女将、平山愛さん(45)。にっこり笑顔とは裏腹に「さあ、たくさん働いてもらいますよ」とスパルタな一言。手渡された作務衣(さむえ)に腕を通し気を引き締めました。

9部屋ある客室は、前日から団体客で満室。当日も新たな宿泊客に加え、日帰りの予約があります。若女将がフロントに立つ間、仲居の畠山舞子さん(48)らとともにさっそく客室の掃除に取り掛かかりました。

まずは拭き掃除。片手に固く絞った布、もう片方には乾いた布を持ち、交互にテーブルを拭いていきます。「きれいになりましたね」と声を掛けられ顔を上げると、畠山さんは他の備え付け家具や家電、洗面台の掃除を既に終えていました。

次は布団の準備です。2人1組になって布団に新しいシーツを広げ整えていきます。ぴんと張られたシーツは清潔で気持ち良さそう。お手本を見せてもらうと、ものの数秒で終了。スピーディーさと丁寧さの両立が求められる仕事です。

湯加減チェック 温泉で癒やしのお手伝いを

お風呂場、大広間、洗面台など館内を彩る生け花を女将の平山たえ子さん(70)と準備していきます。新鮮さを保つために3日に1度替えるのが女将の仕事。「きれいなお花でおもてなししたいのよ」。細かな気配りがうれしい。

生け花に挑戦

女将の平山たえ子さん(左)に教わって生け花に挑戦

脱衣所にも生け花を飾ると、次は温泉ソムリエの資格を持つ若女将とともに湯加減をチェック。植木温泉は旅館ごとに泉源を持っているため泉質も異なるのだとか。温度計で測ってみると41度と適温です。「温泉は誰もが素の顔に戻る時間。癒やしのお手伝いをしたいんです」

若女将の平山愛さん(右)とともに、露天風呂の落ち葉を拾う

露天風呂に浮かぶ落ち葉を拾い集めるため手を浸すと、お湯はトロトロ。確かにこれは気持ちが良い…。つかの間まどろんでいると「(日帰りの)お客さまがそろそろ来られる時間ですね。玄関で待ちましょうか」。いよいよお出迎えです。

「ようこそいらっしゃいました」。笑顔で迎える若女将の姿を見よう見まねであいさつ。熊本市中央区から約20人の団体客です。広間に案内すると仲居さんたちとともに料理の配膳。副島悠太料理長(41)から前菜や天ぷら、温泉水のしゃぶしゃぶを受け取ります。

笑顔であいさつが大切 お見送りは最後まで

料理を運ぶ

料理長の副島悠太さん(右)が作った料理を運ぶ

きれいに盛り付けられた料理を崩してはいけないと思うと、お盆を持つ手が緊張で余計に震えます。心なしかお客さんも心配して見ているような。

畠山さんが「慣れないうちは気持ちの良い笑顔であいさつをするのが大切ですよ」と教えてくれました。反省しつつ、笑顔を添えて配膳しました。

「また来るからね」と満足げにマイクロバスに乗り込むお客さんの姿を見て一安心。帰りは女将や仲居総出で大きく手を振ってお見送りするのが慣例だといいます。「来てくれてありがとう」と感謝の気持ちを込めてバスが見えなくなる最後の最後まで手を振り続けました。

朝から夜まで次から次へと仕事が舞い込む中、どんなに忙しくてもスタッフの笑顔が絶えないのが印象的でした。温泉を目当てに来るお客さんもいつの間にか、この笑顔に触れるためにリピーターになるのかもしれない。従業員一人一人の思いがつまった旅館だと感じました。

【師匠ひと言】 温泉のよさ知ってもらいたい

若女将
若女将の平山愛さん

旅館は女将だけの仕事ではありません。仲居や料理長など全てのスタッフに支えられて成り立つものです。それを知ってほしくて今回はいろんなスタッフに接してもらいました。大変な仕事ではありますが、温泉を通してたくさん人との出会いがあります。日々感謝しつつ、もっと良さを知ってもらうために、お客さまに寄り添った接客で温泉文化を伝えていきます。

旅館 平山

住所 熊本市北区植木町米塚178

アクセス 植木ICから車で7分
定休日 不定休
電話 096-274-7111
公式HP http://www.uekionsen.com/
CATEGORIES
TAGS