教えて! 龍田小学校流「透明マスク」の作り方 型紙、動画も紹介 SNSこちら編集局@クロくま

教えて! 龍田小学校流「透明マスク」の作り方 型紙、動画も紹介 SNSこちら編集局@クロくま

熊日朝刊で、熊本市立龍田小学校の児童たちが手作りしているオリジナルの「透明マスク」を紹介したところ、「SNSこちら編集局」の公式LINEに、「作り方を教えてほしい」「うちの学校でも使いたい」などの声が相次ぎ寄せられました。そこで、あらためて同小に作り方を詳しく聞き、先生たちから型紙や動画も提供していただきました。みなさんも「透明マスク」作りに挑戦してみてください。

「SNSこちら編集局『それ、調べます』」は寄せられた疑問や困りごとなどを、記者が深掘り取材する調査報道企画です。上の画像を押し、公式LINEを「友だち」追加して、メッセージを送ってください。メッセージは外部に見られることはありません。さまざまな声を聞くアンケートなども実施しています。

笑顔くっきり、予防ばっちり 「透明マスク」を紹介した記事はこちら

熊本市北区の龍田小の児童が、新型コロナウイルス対策として飛沫(ひまつ)防止の透明マスクを手作りしている。布や不織布のマスクのように熱がこもらず、表情も見えやすいため、児童や教職員に好評だ。

自分たちで作った透明マスクを着け、笑顔の龍田小6年生=熊本市北区

感染予防にマスクは不可欠だが、夏は暑い上に、表情が隠れて気持ちが伝わりにくい場合がある。6年担任の田山雅博教諭(50)は「コミュニケーションが取りづらく、児童が不安を感じてしまう」と話す。そこで同校の佐土原智彰校長(56)が市販のフェースシールドを参考に、透明マスクを作ることを提案したという。

透明マスクは5、6年生の計約230人で全校児童分の600枚を制作。ラミネート用のプラスチックシートを型紙に合わせて半円形に切り、顔に当たる部分には柔らかい化粧用スポンジを貼り付けた。とじひもで耳にかけて、顔に固定する仕組みだ。上下が空いているため、空気は通すが、飛沫は防止できるという。

16日は6年生が、電子黒板で作り方の動画を見ながら、1人3枚ずつ丁寧に仕上げた。

早速、自分で作った透明マスクを着用した松本希美花さんは「軽くて通気性もあり、使いやすい。透明なので友達の顔が見られるのがうれしい」と笑顔だった。(川野千尋)=2020年6月21日朝刊掲載

龍田小学校流 透明マスクの作り方(同小提供)


(龍田小学校提供)

材料

ラミネートシート(低学年用はB5サイズ、高学年や大人はA4サイズ)、とじひも(またはゴムひも)、化粧用スポンジ、両面テープ。その他、色紙や折り紙、マスキングテープなど。制作にはペンやはさみを使用します。

型紙

以下の画像をクリックするとA4サイズの型紙(PDF)がダウンロードできます。

型紙

着用時は半円部分が上になります

作業手順

  1. ラミネートシートの上下に幅2cm程度の用紙を入れて、ラミネートをかける。ラミネートシートのサイズは、低学年の子供であれば、B5サイズ、それ以上、大人であればA4サイズくらいの方が顔のサイズにフィットしやすいと思います。下図の水色部分が、2cm幅の紙になりますが、その紙を色紙や折り紙、マスキングテープなどを使用すれば、おしゃれにもなり、個性的なものができると思います。最終的に、この紙の部分が、あまり見えない方がよい部分を隠すことにもなります。上記の部分を割愛するということであれば、素材はラミネートシートでなく、クリアファイルや薄手のプラスチック板でも構わないと思います。

    水色の部分の紙は、幅2cm

  2. 型紙に合わせて、ラミネートシートにペンなどで印をつける。1枚のシートで2人分作ることができます。弧の部分以外に、後ほど顎に当たる部分となる化粧用スポンジをつける部分も印をつけておくとやりやすくなると思います。はさみで切り、下図のの部分に両面テープで化粧用スポンジをつける。低学年の子どもたち(B5サイズ)には中央部に2つ程度、それ以上のA4サイズは3つ程度、付けるとよいと思います。化粧用スポンジは、通常市販されているものだと大きいので、半分くらいにカットされるとよいと思います。

    スポンジを付ける位置は、低学年用のB5サイズなら中央部に2つ(上)、A4サイズなら3つ(下)

    ネームペンで型紙の線をなぞります

    フィルムをずらして、スポンジをはる位置を書きます

    線に沿って、はさみで切りましょう

    残った黒い部分は丁寧に切り取りましょう

    化粧用スポンジは市販品を半分くらいにカット

  3. 切り取った2つのパーツにひもを通す穴(部分)を開ける。

    部分に両面テープでスポンジを付ける。部分はひもを通す穴

    四角いスポンジを両側に、三角形のスポンジを中央(あごの位置)に、両面テープではりましょう

  4. 穴にひもを通す。ゴムでもよいと思いますが、意外ととじひもでもズレることなく、耳も痛くなくて快適です。本校では、とじひもを用いています。

基本的には、学校にあるもので制作しました。応用が利くと思いますので、これを基に楽しんで制作していただけたら嬉しいです。(熊本市立龍田小学校 職員一同)

CATEGORIES
TAGS