異次元空間の理髪店「d-world」 ツタの絡まる外観、バイクの並ぶ店内 まさに男の隠れ家

異次元空間の理髪店「d-world」 ツタの絡まる外観、バイクの並ぶ店内 まさに男の隠れ家

ぶらり新町・古町

熊本市の新町・古町をぶらぶらと歩く。イタリア製のバイクが並ぶしゃれたガレージのような空間。理髪店「d-world for men’s life」(熊本市中央区船場町下)は、まさに「男の隠れ家」だった。

店主がスタイリッシュに出迎え 「秘密基地作っちゃいました」

d-world for men’s life

ツタの絡まる理髪店「d-world for men’s life」=熊本市中央区船場町下

市電の洗馬橋電停から西辛島町につながる電車通りから、万歳橋の方に折れると、ツタの絡まる町屋がある。看板も表札も赤青白のサインポールもない。理髪店とは分からない。ドアを開けると、ペールイエロー(白っぽい金)のヘアスタイルで決めた土橋陽一さん(48)が「いらっしゃい」とあいさつしてくれた。

d-world for men’s life

バイクの横に立つ「d-world」店主の土橋陽一さん。「イタリア製は乗りこなすのが難しい。そこが面白い」

グリーンのコットンTシャツ、綿麻のバギーパンツ、ピアスとガラス細工のネックレス、エイやトカゲの皮を使った特注のサンダル風革靴といういでたち。実は自らイタリアまで出向いて最先端の流行の洋服を買う。ファッションにこだわりがある人たちから「熊本のファッションリーダーの一人」とも称されている。

店内は異次元空間のよう。ビスをふぞろいに打った床にざらざらした白壁。椅子の前にブロンズ枠の鏡があり、ハサミやくしは工具入れから出す。

別途設けられたシャンプー用流し台の奥には、ドゥカティ、アプリリアといったイタリア製バイクが並ぶ。「イタリアの二輪車に囲まれて心地よい。自分で秘密基地を作っちゃいました」と土橋さん。

手際よくカット フェイシャルマッサージ、ヘッドスパも体験

d-world for men’s life

丁寧かつ手際よくカット。先代の父の亨一さんは「絵を描くように髪を切っていた」とあこがれる存在だ

ほとんどのお客さんがカットとフェイシャルマッサージ、ヘッドスパのコースで予約するそうで、自分も試してみた。

手際よくカットしてもらったあと、顔にスチームをかけてひげそり。続いて顔のマッサージ。歯を食いしばる癖があるので、顎の筋肉をほぐしてもらい、気持ちがよかった。頭皮を柔らかくし、血行をよくするというヘッドスパまで体験できた。頭も顔もすっきりして、6600円。

「顔が長いので、髪の毛が横に広がっても気にすることはないですよ。頭の上はちょっとボリューム感を出しておきます。これで見栄えが良いとされている逆卵型になりました」と解説してくれた。

6つのサークルを主宰 テコンドーでは全国大会優勝

「昭和40年男」など中高年が喜びそうな雑誌がたくさんあった

土橋さんは、高校卒業後に理容師の勉強をし、福岡と東京で修業した。父の亨一さんから店を継いだのが2008年だ。

土橋さんは「お客さんと話し合って、雰囲気や頭の形に合わせたヘアスタイルを提供します。アンチエイジングにもこだわります。満足した1時間を過ごしていただきたい」と語る。

「土橋塾」と書かれた額が気になった。「自転車競技部、テコンドー部、モータースポーツ部など6つのサークルを主宰してます」と土橋さん。多趣味だ。

土橋塾

壁には「土橋塾」の額

高校時代は空手でインターハイに出場、社会人になってから始めたテコンドーでは全国大会で優勝した経験を持つ。今は熊本県協会の理事や道場の支部長を務める。

熊本地震の際は全国の自転車仲間から支援を受け、恩返しのパーティーを開催した。

地元だけでなく、県外から来るお客さんも

d-world for men’s life

秘密基地のような店内。地元だけでなく、県外から来るお客さんも

常連の男性は「雰囲気がいいので通ってます」と笑顔。地元だけではなく、県外から来るお客さんもいる。

理髪店店主、ファッションリーダー、アスリート。「いろいろとやりたいっすよ」とバイタリティーに満ちている。本人は「浅く広くですけど」と謙遜するが、「どの分野でも活躍してますよ」とお客さんの評価は高い。

店舗情報

住所 熊本市中央区船場町下1-36

アクセス 熊本市電「洗馬橋」電停より徒歩2分
営業時間 9時~19時(土日祝は18時まで)
定休日 月曜、火曜、第一日曜
電話 090-1366-4141
公式HP http://www.d-world-fml.com/

※情報は2020年10月13日時点です。

CATEGORIES
TAGS