熊本弁検定の問題・解答・解説 第1弾「県人なら知っておきたい編」 10代、20代がやや苦戦

熊本弁検定の問題・解答・解説 第1弾「県人なら知っておきたい編」 10代、20代がやや苦戦

SNSこちら編集局@クロくま

熊日SNSこちら編集局が実施した「熊本弁検定」(2020年10月20日~11月30日)は、熊本県民や県出身者を中心とした7241人に挑戦していただきました。第1~3弾(各10問・10点満点)の問題・解答と、監修した工事郎さん(「熊本弁コージ苑」著者)による解説を3回に分けて掲載します。

第1弾「県人なら知っておきたい編」は10点満点中、平均点は8.9点。平均点を年代別で見ると、70歳以上の9.6点が貫禄のトップ。40代以上はすべて9点超えの一方、19歳以下7.1点、20代8.1点で、年代が上がるのに比例して高得点の傾向となりました。

設問別で正解率が最も高かったのは問2「私も、かてて」と問10「あんパンな、とっとったつ」の98%。最低は問9「用心せんと、うんぶくるる」の69%でした。

【問1】「右んとばはいよ」

  1. 右の扉から入って
  2. 右の手を挙げて
  3. 右側の商品をください
  4. 右の戸棚に入っているよ

はいよは「拝領」がなまった言葉で、昔のお年寄りには「はいりょう」とちゃんと言う人もいた。意味は「ちょうだい」「してください」。「ば(を)」は熊本弁に必須だが、「ビールばはいよ」が県外で通じないと嘆く声多数。

【問2】「私もかてて」

  1. 私も帰らなきゃ
  2. 私も仲間に入れて
  3. 私にも買って
  4. 私もかわいいでしょ

「かてて加えて」という言い回しがある。「かてる」は米へんに柔で「糅てる」と書き、混ぜ合わせるとの意味がある。熊本弁の「かてる」も、同じものだと私はにらんでいる。「私も、かてて」は「私も、まぜて」。ほらね。

【問3】「どこさんか、はってえた」

  1. どなたか手伝ってくれませんか
  2. 赤ちゃんがハイハイを始めた
  3. どうにかこうにか脱出できた
  4. どこかに行っちゃった

「誰かが、這(は)っていったんですか?」なんて勘違いする人もいそう。「はってく」は「行ってしまう」で、「這っていく」は「ほうていく」が正しい。「痛いの痛いの飛んでいけ~」も熊本弁なら「痛かつ痛かつ、はってけ~」。

【問4】「あやつばかりが、やおいかん」

  1. あの男は一番人気がある
  2. あの男ばかりは曲者だ
  3. あの男だけは信頼できる
  4. あの男は口先ばかりだ

柔(やわ)くはいかんから「やおいかん」で、「大変だ」「手ごわい」。一筋縄ではいかない人を指すが、「すごいね」「えらいね」の意味でも使うから、やおいかん。若者言葉の「ヤバい」の熊本弁だと考えると分かりやすい。

【問5】「今度の試合は、はまろ」

  1. 今度の試合は頑張ろう
  2. 今度の試合は楽勝だ
  3. 今度の試合の相手には歯が立たない
  4. 今度の試合は延期だ

「ドカンと一発やってみよー」みたいな歌のCMがあったが、まさに、あれが「はまる」。「頑張る」より、もっと一生懸命に打ち込む感じ。「やっちゃ、やりばなし」と言われることもあるが、人生には時に向こう見ずさも必要。

【問6】「猫に、かかじられた」

  1. 猫にひっかかれた
  2. 猫にかみつかれた
  3. 猫にじゃれつかれた
  4. 猫にかじられた

「かかじられた」を「かみつかれた」と間違う人が結構いるようだ。「かかじる」は「ひっかく」「かきむしる」の意味。「つぅば、かかじっとでけんぞ」が通じれば、熊本県人に間違いない。意味は「かさぶたをかきむしっちゃダメだぞ」

【問7】「髪になんか、ほうどるぞ」

  1. 髪が長くてボサボサだ
  2. 髪形になんか構ってられない
  3. 髪に何か付いているよ
  4. 髪が薄くなってきたね

「髪になんか付いてるよ」と言われるより臨場感がある。這[は]うの意味の「はんどる」がなまって「ほうどる」だろう。普通の辞書には「はむ」は「食む」しかない。天草では「魚でも食べたら」は「イオなっとかまんかい[・・・・・]」。

【問8】「ゆうべはこづいて、眠られんかった」

  1. 昨夜ははきけがして眠れなかった
  2. 昨夜は子どもの寝相が悪くて眠れなかった
  3. 昨夜は心臓がドキドキして眠れなかった
  4. 昨夜はせきが出て眠れなかった

かぜなどでせきが出るのが「こづく」。「小突く」ではない。「オエッ」となるのは「えづく」。お年寄りたちは「へきのうずく(肩甲骨の下あたりが痛い)」「筋の引いた(けいれんした)」など体に関する方言を自在に操る。

【問9】「用心せんと、うんぶくるる」

  1. 用心しないと太るよ
  2. 用心しないと骨折するよ
  3. 用心しないと溺れるよ
  4. 用心しないと風邪ひくよ

今回の10問では最低正解率。「うんぶくるる」と「がわっぱ(カッパ)に引かるる」は昔の子供の必須知識。川遊びは楽しいが、危険もいっぱいだ。水が冷たくて、「からす曲がり(こむらがえり)」になり、うんぶくれそうになったことも。

【問10】「あんパンな、とっとったつ」

  1. あんパンはできたてほやほやです
  2. あのパンは作ってから日にちがたってます
  3. あんパンがとってもお勧めです
  4. あのパンは取り置きしていました

「あんパン」は「あのパン」。カレーパンでも指さす時は「あんパン」。
▽客「あんパンばはいよ」
▽店主「白あんと、あずきあん、うぐいすあん、栗あんがあります」
▽客「4種類もな。ここが思案(4あん)のしどころな」

正解

かっこは正解率

  • 【問1】3(89%)
  • 【問2】2(98%)
  • 【問3】4(96%)
  • 【問4】2(84%)
  • 【問5】1(87%)
  • 【問6】1(87%)
  • 【問7】3(96%)
  • 【問8】4(85%)
  • 【問9】3(69%)
  • 【問10】4(98%)

【工事郎 総評】熊本弁で「ディスタンス」解消

工事郎

第1弾の平均点は8.9点と、かなりの好成績で驚きました。6割ぐらいかなと思って作ったんですけどね。熊本弁の達人ばかりが挑戦したのか、4択のおかげなのか? 負け惜しみではありませんが、第2弾「接頭語編」、第3弾「ディープ編」は、ぐっと難しくしました。

「こぎゃん言葉、使わん」との声もごもっともです。ただ検定を通して、各家庭で「ばあちゃん、かかじるてなんな」「よか年してそるも知らんかい、かかじるてにゃ…」なんて会話が交わされたかもしれません。

拙著「熊本弁コージ苑」には「会話がなかった夫婦が話すきっかけになった」「県外の孫が『初めてお父さんの言ってることが分かった』と喜んだ(なら今までは?)」など、うれしい感想が寄せられました。

熊本弁はソーシャル・ディスタンスならぬ、「おっしゃる・ディスタンス」を近づける効能が期待できます。独特の表現力がある熊本弁は「地域の宝」です。まだまだ面白い表現がたくさんあります。さあ、バイリンガルならぬ、熊本弁と標準語の「バイリンギャル(ボーイ)」を目指しましょう。

工事郎 略歴

熊本市東部生まれ。元熊日記者。2015~20年に熊日夕刊に「熊本弁コージ苑」を連載。連載をまとめた著著に「ななな、ななななな?」と「右さん左さんぎゃんぎゃん」(いずれも熊日出版)がある。2020年春、退職して米作りに精を出す。

CATEGORIES
TAGS