天草エアライン全10便に1万円で乗れる! 限定企画を体験

13万2200円分の運賃が1万円に!

熊本県天草市の天草エアラインは2018年12月から、1万円で始発から最終までの全10便に搭乗できる「乗るだけ運賃」サービスを行っています。天草エアファン向けの企画で、2019年3月10日までです。

天草エアみぞか号

天草空港で出発を待つ「みぞか号」

この企画は、2013、14、17年度も実施し、合わせて約600人が利用しています。

午前7時55分天草発福岡行きに搭乗。熊本や大阪の各空港も回り、午後7時40分天草着の最終便まで乗り続けます。総飛行距離は約2400キロ、飛行時間は7時間15分になります。

飛行ルートのイメージは次の通りです。

  • 1便から2便 天草→福岡→天草
  • 3便から6便 天草→熊本→大阪→熊本→天草(ここで終わることも可能)
  • 7便から8便 天草→福岡→天草
  • 9便から10便 天草→福岡→天草

全便搭乗の通常運賃は13万2200円。6便まで乗らずに途中でやめると、それまでの運賃との差額を払うことになります。7便目以降の、天草-福岡間の往復1~2便を減らすこと可能。

1日4人限定。事前に、天草エアラインのホームページから申し込みます。利用者向けに天草-各空港間の割引チケットも販売します。

問い合わせは天草エアライン予約センターTEL 0969-34-1515。

実際に全10便を体験

1月某日、「乗るだけ運賃」のサービスを実際に体験してみました。始発便は午前7時55分なので、前日から天草市内のホテルに宿泊しました。空港の駐車場は無料です。

みぞか号から熊本市を見下ろす

みぞか号の窓から見下ろした熊本市

福岡空港では、着いたらすぐに折り返しの便に乗り込む感じで、のんびりお土産を買ったりする余裕はありません。眼下に熊本城を中心とした熊本市街地を眺めることができます。

熊本空港に到着した後は、そのまま大阪国際空港(伊丹空港)への折り返し飛行です。昼頃に到着した伊丹空港では、30分程度の余裕があったので、軽食程度を食べる時間はありました。上空から、関西空港、大阪城や仁徳天皇陵が見えました。

「乗るだけ運賃」の企画に、長崎県島原市から70代の母と2人で参加していた30代の女性は、「きょうが母親の誕生日なので、プレゼントです」と話していました。もともと飛行機に乗ることが好きで、福岡便が上空を飛ぶ「みぞか号」を、日ごろから眺めているそうです。

全10便乗り終えた時には、午後8時をすぎていました。飛行機に乗ることが大好きという人にとってはたまらない企画だと思いますが、”一般人”の私はさすがに少し疲れました。

CATEGORIES
TAGS