運も味方につけて喜びの春を! 合格祈願キャンペーン、グッズ記事まとめ

運も味方につけて喜びの春を! 合格祈願キャンペーン、グッズ記事まとめ

いよいよ受験シーズン本番! 最後の追い込みに忙しい受験生を応援して、熊本県内でも合格祈願グッズの販売や、必勝祈願の観光キャンペーンが行われています。2019年7月~2020年1月に熊本日日新聞に掲載された記事をまとめました。

最後まで努力を怠らず、運も味方につけて、喜びの春を迎えよう!

(情報は2020年1月20日現在、記事の内容は掲載時点です)

球磨村一勝地「必勝合格祈願ノ旅」

訪れる受験生らの合格を願い、神事で玉串を捧げる関係者=球磨村

地名の縁起の良さから、合格祈願や必勝祈願で訪れる人の多い球磨村の一勝地では、地域ぐるみで受験生を応援する観光キャンペーンが行われています。

人気の入場券にお守り、カツ丼…

JR肥薩線一勝地駅で販売している入場券=2019年1月16日、球磨村

受験シーズンを前に、球磨村観光協会は2019年11月1日、観光キャンペーン「必勝合格祈願ノ旅」を始めました。JR一勝地駅など村内6カ所で、合格を願う料理やグッズを販売します。一勝地の地名にあやかり、「地に足をつけ努力し、まず一勝を」との意味を込め、受験生を応援し、観光振興にもつなげます。「みな合格」と語呂が良い2020年3月5日まで。

期間中、一勝地阿蘇神社はお守りなどを販売。球泉洞は必勝祈願のカツカレーやカツ丼、一勝地温泉かわせみはカツとじ鍋などが並ぶ「必勝御膳」を提供します。JR一勝地駅では人気の入場券に加え、缶バッジも販売。

11月1日は一勝地阿蘇神社で神事があり、学生服姿の関係者ら10人が出席。キャンペーンで販売するグッズなどを清め、訪れる受験生の合格を祈りました。

(2019年11月2日付朝刊掲載)

※キャンペーンの詳細は球磨村観光サイト「ごーくま」

旅の記念に 顔出しパネル

JR肥薩線一勝地駅に設置された「必勝祈願」の顔出しパネル=球磨村

球磨村のJR肥薩線一勝地駅に「必勝祈願」の顔出しパネルがお目見えしました。2019年7月1日に始まった大型観光企画「熊本デスティネーションキャンペーン」に合わせて、村が企画しました。

パネルは縦横180センチ。学生服姿の男女の顔がくりぬかれ、男子は手にカツ丼を持ち、女子はお守りのかぶり物を着けています。村企画振興課は「冬は受験、夏はスポーツの必勝祈願として多くの人に訪れてほしい」とアピールしています。

(2019年7月13日付朝刊掲載)

※顔出しパネルは当分の間一勝地駅に設置されています。

どんな絵柄出るか楽しみ! 缶バッジと絵馬「ガチャガチャ」

JR肥薩線一勝地駅に新たに登場した〝御利益グッズ〟玩具入りカプセル販売機「ガチャガチャ」で、合格と書かれた缶バッジとミニサイズの絵馬が景品です。

一勝地駅に設置されたガチャガチャを紹介する橋詰兵士郎名誉駅長=球磨村

村の観光案内所を運営する一般社団法人くまむら山村活性化協会が企画。バッジは1回100円、絵馬は200円で、それぞれ4種類を用意しました。絵馬は願い事を書いて案内所の窓口に掛けておくと、近くの一勝地阿蘇神社に奉納されます。

玩具入りカプセルの自動販売機に入っている、ミニ絵馬と缶バッジ

(2020年1月22日付朝刊掲載)

お米食べて〝難関〟突破! 南関町

町名の読みにちなみ「難関突破」を町おこしのキーワードにしている南関町でも、地元企業や住民が受験生を応援しています。

「難関突破」のロゴが入った、竹箸と南関町産の新米=同町

夢の架け「箸」に願いコメて

受験シーズンを目前に控え、南関町の竹箸製造「ヤマチク」と米販売「花見商店」は2019年12月17日、勉強に励む南関中の3年生68人に、「難関突破への架け箸」と銘打った竹箸と、同町産の新米「難関突破米」を贈りました。箸と米の贈呈は5年前から続けています。

ヤマチクの山崎清登社長(65)と、花見商店の花見洋昭社長(75)が同校を訪問。生徒を激励し、「難関突破」のロゴが入った箸と、同町の神社で合格祈願を受けた米(300グラム)を手渡しました。

「難関突破」の箸と米を受け取った南関中3年生。前列中央は、贈呈したヤマチクの山﨑清登社長と花見商店の花見洋昭社長=南関町

受け取った立山彩音さんは「受験前日に、もらった箸でおいしいお米を食べて頑張りたい」と意気込んでいました。

箸と米は、町内の各店や「まちの駅ゆた~っと」でも購入できます。

(2019年12月18日付朝刊掲載)

※「難関突破米」は1パック(300グラム) 300円、「難関突破への架け箸」は1膳800円=いずれも税込み。まちの駅ゆた~っと TEL 0968-53-3280

パールライス 南関町産コメで応援

「合格祈願米」を持つ熊本パールライスの岡村康平部長と「なんかんトッパ丸」

熊本パールライス(菊陽町)は2019年12月12日、南関町産ヒノヒカリに「難関突破」のラベルを貼った「合格祈願米」を発売。受験生を応援する恒例企画です。

12月10日に同町の大津山阿蘇神社で祈願祭があり、社員や町のPRキャラクター「なんかんトッパ丸」らが参列。岡村康平部長(43)は「おいしいお米を食べて難関を突破してほしい」と話しました。

5キロ入りを1080袋用意。価格は1880円~2180円(税別)。県内外のスーパーなどで購入できます。

(2019年12月11日付朝刊掲載)

「突破」の語呂で「18」社詣でいかが

スタンプ用紙と目印ののぼりを持つ「TMOなんかん」の山崎彰悟委員長(左)ら=南関町

南関町のまちづくり団体「TMOなんかん」は、町内の18神社を参拝するスタンプラリー「難関突破十八社詣で」を開催しています。「南関」と「難関」、「十八」と「突破」の語呂合わせで験を担ぎます。2020年2月29日まで。

受験生や就職を目指す人を応援しようと、同団体が2012年から続けています。

大津山阿蘇神社や小原菅原神社など対象の神社には、目印となる「難関突破」ののぼりとスタンプ用紙、スタンプ台を置きました。18社全てを巡ると、町中心部の「まちの駅ゆた~っと」でコメや竹箸など難関突破グッズがもらえます(先着108人)。

「町民でも行ったことのない場所が多いと思う。お参りしながら、町の新たな魅力を見つけてほしい」と山崎彰悟委員長(30)。山あいの分かりづらい神社もあり、早く回るには地元の人に聞くのが一番だそうです。まちの駅ゆた~っと TEL 0968-53-3280。

(2019年12月31日付朝刊掲載)

カッパ伝説や名産タコ 天草市

天草市では、地元のカッパ伝説や特産のタコにちなんだストラップを、高校受験を控えた中学3年生に配布しています。

「へのかっぱ」ストラップ 栖本町

栖本中の3年生に贈られた「へのかっぱストラップ」

天草市栖本町の住民でつくる栖本まちづくり協議会は、2020年1月8日、受験を控えた栖本中3年生18人に、地元のかっぱ伝説にちなんだ「へのかっぱストラップ」を贈りました。

かっぱは近くを流れる河内川にすんでいたという伝説が残っており、栖本町のシンボル。「へのかっぱ」の精神で受験を乗り切ってもらおうと、2008年から続けています。

「へのかっぱストラップ」を手に、受験への決意を表す栖本中3年生=天草市

ストラップは陶製。始業式の前にあった贈呈式で、協議会の梅田正会長(65)が「へのかっぱの精神で、みなさんの夢に向かって精一杯の努力をしてほしい」と激励。生徒代表の山形拓斗さんが「かっぱの力をもらいながら、受験勉強に励みたい」と決意を述べました。

(2020年1月9日付朝刊掲載)

※「へのかっぱストラップ」は栖本温泉センター河童ロマン館で販売中。1個800円(税込)。同館 TEL 0969-54-5526。

中3生に「置くとパス」 有明町

タコ供養塔に向かって豊漁を祈る供養祭の出席者ら=天草市

特産のタコで地域おこしに取り組む天草市有明町で2019年8月8日、タコ供養祭があり、四郎ケ浜ビーチ横の広場「ありあけオクトパ~ク」のタコ供養塔前で約50人が海の恵みに感謝をささげ、豊漁を祈りました。

タコの足の数にちなんで毎年8月8日に開いており、13回目。市や地元商工会の関係者らが出席しました。

タコ漁は、梅雨明けから最盛期を迎えるが今年は不漁。神事の後、天草宝島観光協会有明支部の松本國雄支部長が「供養祭を機に豊漁になってほしい」とあいさつした。

天草地域の中学3年生の受験を応援する合格祈願祭も併せて開催。タコの英訳「オクトパス」と「置くとパス(合格)」を掛け、天草2市1町の14校、476人に無料配布する「合格タコストラップ」に願いを込めました。

(2019年8月11日付朝刊掲載)

※「合格タコストラップ」は道の駅ありあけリップルランドで販売中。1個400円(税込み)。同ランド TEL 0969-53-1565。

地元の中学生に贈られた合格祈願タコストラップ=2015年12月、天草市

アニメの舞台 困難打ち破る岩 高森町

高森町観光協会が上色見熊野座神社の参拝記念に作成した絵馬=同町

高森町観光協会が、同町の上色見熊野座神社に奉納する絵馬を作成、2020年1月4日発売しました。アニメや漫画の舞台となった同神社は、観光客が訪れることも多く、「参拝した証しがほしい」といった声に応えました。

同神社にある大きな穴があいた岩「穿戸岩」は、阿蘇の開拓神、健磐龍命の家来、鬼八法師が蹴破ってできたとされています。絵馬には鬼八法師をイメージした鬼をデザイン。足形を取り外してお守りとして持ち帰ることができます。

穿戸岩は困難なことも必ず打ち破ることの象徴として、合格や必勝に御利益があるといわれています。「受験生などは験担ぎに訪れてみては」と同観光協会。絵馬は1枚850円。同観光協会=TEL 0967-62-2233=で販売しています。

(2020年1月5日付朝刊掲載)

紙箱「だるま」で大願成就 お菓子の香梅

だるまをデザインしたお菓子の香梅の和菓子「本丸」の新しいパッケージ

お菓子の香梅(熊本市)に2019年7月9日、ロングセラーの和菓子「本丸」の新しいパッケージが登場しました。「受験での合格や就職決定といった人生のさまざまな節目を祝う場面に」と、赤の「だるま」を袋や紙箱にあしらいました。

これまで〝合格祈願菓子〟がなかったことから新パッケージを考案。受験生らの需要を取り込みます。

袋のパッケージには「大願成就」と表記。5袋入りの紙箱は「おきあがりこぼし」の形で両目が白抜きになっており、「紙箱の欄に願い事を書いたら、左目を入れ、その願いが叶ったら右目を入れてほしい」と同社。

本丸は1984年に発売した黒ごま入りの薄焼きせんべいで餡(あん)入り求肥(ぎゅうひ)をはさんだ菓子。1袋119円で、紙箱は864円。熊本城本丸御殿の「昭君之間」の写真を使った従来のパッケージも継続します。

(2019年7月10日付朝刊掲載)

CATEGORIES
TAGS