海外でも活躍する「くまモン」 最近の話題と登場時の様子を振り返る

海外でも活躍する「くまモン」 最近の話題と登場時の様子を振り返る

くまモン

ファンから届いたバレンタインチョコレートを前に喜ぶくまモン=2019年2月15日、熊本県庁

2011年3月の九州新幹線鹿児島ルート全線開業をきっかけに生まれた、熊本県のPRキャラクター「くまモン」。海外へも進出し、関連商品などの売り上げもすごいことになっています。

最近のくまモンの話題と、登場時の様子を熊本日日新聞の記事で振り返ります。

関連商品の売上高が1500億円突破!

くまモングラフ

2018年10月に全面解禁された海外企業によるくまモン関連商品の売上高が、12月までの3カ月間で19億2677万円に上ったと、熊本県が発表しました。県内企業などの国内販売分を含めた全体の売上高(2018年1~12月)は、前年比6.8%増の1505億5655万円となり、集計を始めて以来7年連続で過去最高を更新しました。累計売上高は6614億174万円となりました。

熊本県によると、海外企業(一部県外含む)への利用許諾は47件。販売先は中国が最多の15、香港8、台湾5、タイ3、複数国16でした。ファストフードチェーンが中国の約5千店舗で提供するコーヒーカップと、台湾のコンビニが約1600店舗で販売するソフトクリーム容器へのイラスト使用が売り上げをけん引しました。

熊本県はくまモン商品の海外販売について、従来は県内企業に限って認めていましたが、偽物対策などのブランド管理費を捻出するため、海外企業にもイラスト使用を有料にして解禁していました。県内企業を含む海外売上高は8.7%増の42億2435万円。

一方、初めて1500億円を超えた売上高のうち、食品類が3.8%増の1241億5543万円、縫いぐるみやおもちゃなどのグッズ類は14.5%増の244億7435万円でした。

ロアッソユニホームにくまモンのイラスト使えず

大人気のくまモンですが、〝逆風〟も吹いています。

サッカーJ3ロアッソ熊本は、2019年シーズンの公式戦ユニホームのデザインから、くまモンを外しました。競技規則を制定する国際サッカー評議会(IFAB)のルール改正に伴い、ユニホームなどの用具にはチームの紋章やロゴなど限られたものしか使えなくなったためです。

くまモンユニホーム

ロアッソ熊本のユニホームで、2018年シーズン(左)の背中にはくまモンが入っていた。2019年シーズン(右)には入っていない=熊本市のロアッソ熊本オフィシャルショップ

このため、ロアッソの運営会社のアスリートクラブ(AC)熊本は、14年以降5季連続でユニホームの背中にプリントした、くまモンのイラストを削除。17年から右袖につけていた熊本城のイラストも外しました。

AC熊本マーケティング部は「くまモンは熊本の象徴として、熊本城も熊本地震からの復興への思いを込めて使ってきた。サポーターに親しまれていただけに残念だが、ルールなので仕方ない」と話しています。

くまモン誕生時の記事を振り返る

熊本日日新聞社のデータベースによると、「くまモン」という言葉が初めて熊日紙面に登場したのは2010年3月6日でした。

 県や経済団体などでつくる「新幹線くまもと創りプロジェクト推進本部」(本部長・蒲島郁夫知事)は5日、2011年3月の九州新幹線鹿児島ルート全線開業に向けた取り組みのスローガンに「くまもとサプライズ」を決めた。併せてロゴマークとPRキャラクター「くまモン」も発表した。

2010年3月6日 熊本日日新聞朝刊
2010年3月6日付け

2010年3月6日付の熊本日日新聞朝刊より

くまモンは2011年3月の九州新幹線全線開業の1年前、「県内外に熊本の魅力を効果的にアピールする」ために誕生しました。

このときの紙面にはくまモンのイラストしか掲載されていません。くまモンの実物が初めて熊日紙面に登場したのは、2010年3月23日でした。

2010年3月23日付け

2010年3月23日の熊本日日新聞朝刊より

当時のくまモン、痩せてますね。記事には「初めは怖がっていた子どもたちも、恐る恐る握手をするなど大喜びだった」とあります。いまの人気ぶりからは想像できません。

2011年5月14日付の熊本日日新聞朝刊に、くまモンの変貌ぶりに注目した記事が掲載されています。記事がこちらです。

 最後にくまモンのひみつを一つ。実は、くまモンは1年くらい前はやせていました。熊本県内を回っておいしいものを食べすぎ、急に太ったそうです。でも、太ってからの方がダンスも上手になったとか。

2011年5月14日 熊本日日新聞朝刊
2011年5月14日付け

ゆるキャラグランプリ優勝で全国区に

くまモンの名が一躍全国区となったのは、2011年の「ゆるキャラグランプリ」優勝でしょう。

 全国各地のゆるキャラの人気度を競う「ゆるキャラグランプリ2011」の結果が27日発表され、熊本県のPRキャラクター「くまモン」がグランプリに選ばれた。

2011年11月28日 熊本日日新聞朝刊
2011年11月28日付け

2011年11月28日の熊本日日新聞朝刊より

記事によると、くまモンは「ゆるキャラグランプリ2011」で約28万7千票を獲得。2位の愛媛県今治市の観光キャラクター「バリィさん」に約4万2千票の大差をつけてグランプリとなりました。

当時の蒲島郁夫熊本県知事は「今後は日本中を元気にしてほしい」とコメントしています。その後のくまモンは世界にも進出し、その言葉以上に活躍しているといえます。

これからもくまモンの活躍に期待したいですね。

CATEGORIES
TAGS