熊本の城下町は魅力いっぱい! 「ぶらり新町・古町」のスポットを地図にまとめてみた

熊本の城下町は魅力いっぱい! 「ぶらり新町・古町」のスポットを地図にまとめてみた

ぶらり新町・古町 番外編

熊本市電「新町」電停

熊本市電「新町」電停。一帯は城下町の雰囲気が色濃く残る=熊本市中央区

熊本の街をぶらぶらするのが好きです。中でも城下町の雰囲気が色濃く残る新町・古町かいわいは独特の味わいがあります。

裏路地のたたずまいや店主の表情や言葉遣いに、これまで経験したことがない発見があります。人々が歩いた道にはそれぞれのドラマがあります。

「クロスくまもと」で連載している「ぶらり新町・古町」。この連載で、筆者が訪れた場所をまとめた「新町・古町ぶらりマップ」を作りました。

地図の数字は記事が公開された順番です。選択すると記事へのリンクが表示されます。記事には店舗情報も掲載しています。

例えば、(1)は、船場町の郷土料理「梅鉢」。魚料理がお薦めです。(10)は新町のギョーザの名店「一二三俵」。ジューシーな焼きギョーザは、ビールが進みます。(20)はコメマイスターがいる「ふじき本店熊本支店」。(30)は「五福小学校(かいわい)」。昭和の時代に貸本店がたくさんあったという校区を合志マンガミュージアムの橋本博館長と歩きました。(40)は一新小校区のお地蔵さんを、地元の方々と回りました。(50)は市電の音を聞きながら、落雁(らくがん)で知られる「松陽軒」を訪ねました。(60)はザボンの皮でつくった文旦漬(ぼんたんづけ)で有名な「福一堂本店」をとりあげました。

ケーキ

(7)「唐人町のケーキ屋さんマムール」のケーキ=熊本市中央区中唐人町

その日の朝にさばいた新鮮な鶏肉を扱う(42)「やき鳥 船場たば鳥」=熊本市中央区新町

ユニークな店名の和菓子店(56)「ばんざい饅頭本舗」

おいしい料理や菓子の店を見つけると、その日一日を喜びで満たせます。お目当てが、風情ある橋だったり、銀行の古い建物だったりもしますので、歴史を感じることもできるはずです。

明八橋

明治八年にできた(3)「明八橋」=熊本市中央区新町

蔚山町電停近くの(40)「百日咳地蔵」=熊本市中央区新町

筆者はみなさんと同様、最近ではスマホの地図アプリを使って取材する店を目指すことが多くなっています。ただ、気をつけていることがあります。目的地に向かう際はアプリの住所、お店だけではなく、できるだけその周りの風景を見るようにしています。

店と店の間には人々の暮らしがあり、習慣があり、喜びも悲しみもあるはずです。ガタゴトと音を立てる市電や開店のシャッター音、コーヒーのにおい、銀黒の屋根瓦と青空が入り交じって街ができていることを実感します。

(33)レトロな長屋が残る河原町

男の隠れ家のような理髪店(57)「d-world for men’s life」

「新町・古町ぶらりマップ」をご活用いただき、この街全体の素晴らしさを実感していただければ幸いです。

マップは記事の追加とともに、随時更新します。

これからもぶらぶらして、その成果を発信しますので、よろしくお願いいたします。(満野龍太郎)

CATEGORIES
TAGS