ヒロシさんで人気「ソロキャンプ」 初心者の女性記者が講習会に参加してみた 

ヒロシさんで人気「ソロキャンプ」 初心者の女性記者が講習会に参加してみた 

キャンプ場

キャンプ場でテントを組み立てる家族=熊本県山都町

ここ数年、キャンプブームが再来しており、中でも1人でキャンプを楽しむ「ソロキャンプ」が注目されています。キャンプ初心者の熊本日日新聞社文化生活部・豊田宏美記者が、熊本県山都町の歌瀬キャンプ場であった講習会に参加。初体験となった「ソロキャンプ」の魅力をリポートします。

※2019年7月4日付、熊本日日新聞朝刊掲載。情報は掲載日時点です。

女性客も増加 「インスタ映え」も狙える

「ソロキャンプ」は、インターネットの動画サイト「ユーチューブ」でその様子を配信している熊本出身のお笑い芸人ヒロシさんや、漫画「ゆるキャン△」がブームの火付け役です。

「第1次キャンプブームは私たちが子どもだったバブル時代。その世代が親になり、第2次キャンプブームがきています」と歌瀬キャンプ場社長の興梠公治さん(41)。

ソロキャンプや女性のキャンプ客も増えているそうです。最近のテントやランプなどグッズがカラフルで「インスタ映え」が狙えるのもブームの一因ということです。

テントくみたて

慣れない手つきでテントを立てる豊田宏美記者=熊本県山都町

キャンプ場に到着して、まずやらなければいけないのはテントとタープの設営。タープは雨よけや日よけに役立つため、持っておきたいグッズの一つです。

六角形の「ヘキサタープ」は風に強いですが、雨が入りやすく、長方形のタープはテントや車と組み合わせやすくなっています。テントの底には冷えを防ぐためにも夏でもマットを敷いた方がいいそうです。

ヘキサタープ

テント(左)と六角形の「ヘキサタープ」

記者も手伝ってもらいながら慣れない手つきで何とかテントを設営。次は最も楽しみにしていた食事の準備に取り掛かります。

簡単でおいしいローストチキン ダッチオーブンで柔らかくとろとろに

チャコールスターター

火おこしに便利なチャコールスターター

バーベキューには木炭や、おがくずを圧縮成形した「オガ炭」、ダッチオーブンには豆炭やオガ炭が向いているそうです。

難しいのは火おこし。着火材も売られていますが、ポテトチップスなどのスナック菓子には、油が含まれているため着火材として使えるという裏技も教えてもらいました。

この日、興梠さんに教わったキャンプレシピは、ローストチキンと砂肝のアヒージョ、メキシコ料理のワカモレとサルサ。

ワカモレとサルサ

火を使わずにできるおつまみ。メキシコ料理のワカモレ(左)とサルサ(中央)

意外に簡単でおいしくできたのがローストチキン。丸鶏にスパイスを振り、鋳鉄のダッチオーブンで20~30分ほど焼き目を付けます。大きめに切ったニンジンやジャガイモ、タマネギを入れ、1時間半ほど火にかけると、柔らかくとろとろに。

ローストチキンと砂肝のアヒージョ

ダッチオーブンで作るローストチキンと砂肝のアヒージョ

自然の中で食べることで、より一層おいしく感じました。

一人だから自分のペースで楽しめる

醍醐味(だいごみ)はやはり、キャンプファイア。静かに燃え上がる火を囲みながら、ベテランキャンパーたちと語り合いました。

熊本県菊陽町の歯科医師築山卓さん(54)は、キャンプ歴10年以上。長女が受験などで一緒に来てくれなくなったのを機にソロキャンプを始めたといいます。「1人だと自分のペースで飲んで食べて寝られるのがいい」と薦められ、ぐっと気持ちが傾きました。

キャンプは夏というイメージがありますが、築山さんはこの4年、歌瀬キャンプ場で年越しをしました。「寒い時にどうやって暖を取るか工夫するのが楽しい」といいます。

「キャンプは火をおこしたり、ランプをともしたり、災害時にも役に立ちますよ」という築山さんの言葉に、熊本地震で電気やガスが使えなかった状況を思い出します。不便さを楽しむキャンプは、いざという時の備えにもなりそうです。

ランタン

キャンプの雰囲気をぐっと盛り上げるランタン

午後10時にはテントへ。熟睡はできませんでしたが、虫や鳥の鳴き声、明け方の雨の音などで、自然をぐっと身近に感じました。

たまには一人で大自然に浸るのも良いなと思えた「ソロキャンプ」体験。ただ、全て1人で準備して楽しめるまでには経験不足です。まずはこの夏から、家族でキャンプを楽しみたいと思います。

歌瀬キャンプ場

住所 熊本県上益城郡山都町菅尾1344-1

アクセス
  • 九州中央道の山都中島西ICから国道445号~国道218号~県道清和高森線~国道265号経由で40分
  • 九州自動車道の益城熊本空港ICから県道熊本益城大津線(通称・第二空港線)~県道堂園小森線~県道熊本高森線・俵山トンネル~国道325号~国道265号経由で1時間10分
営業時間 8時~18時
定休日 木曜(祝日および夏休み期間中は営業)
電話 0967-83-0554
公式HP https://www.utaseoutdoorlife.com/
CATEGORIES
TAGS