もちもち感たっぷりのパン 熊本市新町の「松石パン本店」 明治時代創業の老舗

もちもち感たっぷりのパン 熊本市新町の「松石パン本店」 明治時代創業の老舗

お店

駄菓子を扱っていた時代の「朝鮮飴」という看板をお店には飾ってある

もちもち感たっぷりのパンを買い求めて、ご近所からお客さんがたくさんやってくる。新明八橋の近くにある松石パン本店(熊本市中央区新町)。1888(明治21)年に創業し、1904(同37)年にパンの製造販売を始めたという老舗だ。

真っ白な食パンを左右にちぎろうとする。パンの生地がしっかりとからみあい、離れようとしない。「もちもち、ねちねちとした感じでしょう」と、経営を補佐する松石康之朗さん。

「熊本は湿気が多く、こういった食感が好まれるようです」と松石さん。50年続く売れ筋のサンドイッチ(230円)を食べてみたが、パンがしっかりしていて、食べ応えがある。防腐剤は使わない。

昔からの作り方にこだわってきた。パンをあまり高温で焼かないことで、水分が飛ばない。「『工場に酵母菌が住み着いているから、安易に工場を建て替えないように』と語り継がれてもいるんです」

松石さんによると、夏目漱石が熊本に住んでいる時代にパンを買ったというエピソードがあり、その店が松石パンだという説がある。年代が多少前後するが、「その時代、熊本市内には、うちしかパン屋はなかったようですからね」と話す。

写真

昔の写真がお店にあったが、いつの頃の写真かは定かではないという

あんパンも人気だ。日本人の味覚の変化で、最近はあんパンを扱わないお店も増えているが、このお店では定番。つぶしあんは熊本県産、こしあんは京都産とこだわっている。

松石さんは「地元の方が求める味を、今後も提供したい」と語る。

商品

サンドウイッチ、あんパン、食パンなどが人気の商品だ

新町の本店と鶴屋百貨店横の「パンの家」の2店があるが、パンのサイズは本店がやや大きめ。顧客層に合わせているという。

本店併設のレストランでは、パンが食べ放題のランチが有名だ。1100円でスープ、サラダ、メインディッシュがつく。

コンビニでは日持ちのいいパンが人気のようだが、こうした特長のあるパンの味わいは格別だ。

松石パン本店 店舗情報

住所 熊本市中央区新町4丁目2-13

アクセス 熊本市電「新町」電停より徒歩2分
営業時間 7時~20時
定休日 なし
電話 096-354-1256

※情報は2019年7月15日時点です。

CATEGORIES
TAGS